gnb content footer

home

韓国について

歴史

朝鮮時代

朝鮮時代

朝鮮時代

13世紀末、高麗は権門勢家の過度な権力の集中、紅巾賊と倭寇の侵入など、内憂外患に苦しめられました。紅巾賊と倭寇の撃退によって民心を得た将軍李成桂(イ・ソンゲ)を中心とした勢力が高麗の王を追い出し、李成桂を新しい王朝の最初の王太祖(テジョ)に推戴しました。太祖は即位後、国号を朝鮮に変え、風水的に良い場所とされる漢陽(ハニャン、現在のソウル)を首都に定め、都城と景福宮(キョンボックン)、宗廟(チョンミョ)、道路、市場などを建設するようにしました。漢陽は、韓半島の中心部に位置しただけでなく、漢江(ハンガン)を通じて国内外の交流が可能だったため、首都として最適地でした。

朝鮮(15世紀)

朝鮮(15世紀)



太祖の息子太宗(テジョン)は、王権を安定させて国の基盤を固めました。号牌法を実施して全国の人口を把握し、国の行政を担当した六曹(吏曹・戸曹・礼曹・兵曹・工曹・刑曹)が直接王に報告する中央集権体制を確立しました。

太宗の息子世宗(セジョン)は、政治、社会、文化の全盛期を開きました。集賢殿(チッピョンジョン)を設置して政策を開発し、国が進むべき方向を研究させました。世祖(セジョ)~成宗(ソンジョン)の時期には、国の恒久的な統治体制を確立するために、経国大典という法典を編纂し、これをきっかけに朝鮮王朝の統治体制はさらに安定しました。

天象列次分野之図(朝鮮、17世紀)

天象列次分野之図(朝鮮、17世紀) - 空の星座を紙に筆写した天文図 (国立古宮博物館提供)



ハングル創製

韓国は、古代王朝から漢字を使用し、漢字を借りて韓国語を表記する吏読(イドゥ)、郷札(ヒャンチャル)を使ったりもしましたが、自由に意思を表現できる文字がないため、簡単に学んで使える文字の必要性が切実でした。そのことを察した世宗は、1443年にハングルを創製し、1446年に頒布しました。ハングルは、発声器官の姿を模して作られた世界で最も科学的で学びやすい文字で、政府と国民の間のコミュニケーションを画期的に改善し、韓国が文化国家としての基盤を固めるのに決定的な役割を果たしました。

科学技術の発達

朝鮮時代には、科学技術も注目するほど発達しました。水時計の自撃漏(チャギョンヌ)、日時計の仰釜日晷(アンブイルグ)、天文観測器具の渾天儀(ホンチョニ)などが作られました。世界初の測雨器が製作されて降水量を測定し、土地を測量して地図を作成するのに印地儀(インジイ)と窺衡(キュヒョン)を活用しました。太祖の時代は、高句麗時代の天文図をもとに、天象列次分野之図、世宗の時代は中国の授時暦とアラビアの回回暦をもとに七政算(チルジョンサン)が作られました。医学分野でも、風土にふさわしい薬剤と治療方法をまとめた『郷薬集成方(ヒャンヤクチプソンバン)』 、医療大百科の『医方類聚(ウィバンユチュイ)』などが編纂されました。活字印刷術も発達し、金属活字の癸未字(ケミジャ、太宗)、甲寅字(カビンジャ、世宗)が開発され、多くの書籍が印刷されました。

joseon-150210-3.jpg

1. 仰釜日晷(アンブイルグ、朝鮮、17~18世紀) - 時間や季節による影の変化を利用した日時計(左)(国立古宮博物館提供)
2. 測雨台(チュグデ、朝鮮、18世紀) -測雨器を置いて測定した「大邱(テグ)宣化堂(ソンファダン)測雨台」(右)



朝鮮の対外関係

朝鮮は、建国当初から中国の明と友好関係を維持しました。毎年使節を交換し、文化・経済交流が活発でした。また、日本の要求を受け入れ、釜山(プサン)、鎮海(チンヘ)、蔚山(ウルサン)の3浦を開放して貿易を許可し、1443年癸亥(ケヘ)約条を締結し、限られた範囲内で交易を行いました。琉球、シャム、ジャバなどアジア各国と交流を行いました。

工芸技術の発達

朝鮮時代を代表する工芸品のひとつが、陶磁器です。王室や官庁では、粉青沙器や白磁を広く使用しました。青磁に白土の粉を塗った素朴で安定した姿の粉青沙器は、朝鮮初期に広く使用されました。朝鮮の陶磁器技術は革新を重ね、16世紀頃には洗練された白磁を作るところまで発達しました。高麗の伝統を受け継いで清潔で淡泊な姿の朝鮮白磁は、ソンビ(学識と礼節を備え儒教的理念を具現した階層)文化の趣向と調和し、広く利用されました。

白磁靑画梅鳥竹文壺(朝鮮、15世紀)

白磁靑画梅鳥竹文壺(朝鮮、15世紀) - 韓国的な情緒が引き立つ竹と鳥、梅の木をおしゃれに表現した朝鮮前期の青画白磁です。(国立中央博物館提供)



壬辰倭乱(文禄・慶長の役)

朝鮮を建国した14世紀から15世紀まで、日本との関係は円満でした。しかし、16世紀に入り日本がより多くの交易を要求しましたが、朝鮮はこれに応じませんでした。日本人は、三浦倭乱(1510年)、乙卯倭変(1555年)などを起こし、朝鮮社会を揺るがしました。豊臣秀吉は、120年以上にわたる戦国時代の混乱を収拾して、日本を統一しました。

豊臣秀吉は諸侯の力を分散し、統治の安定のために20万の大軍を動員して朝鮮を侵略しました。1592年から1598年までの7年間、2度に渡り続いたこの戦争を、壬辰倭乱と言います。

朝鮮の王が義州に避難して明に軍事支援を要請した中、日本軍は平壌(ピョンヤン)と咸鏡道(ハムギョンド)地方まで侵略しました。しかし、全国各地で義兵が起こりました。

特に、朝鮮最高の名将李舜臣(イ・スンシン)将軍が率いる水軍が連勝を重ねて制海権を掌握し、湖南(ホナム)の穀倉地帯を守って日本軍の補給線を遮断することにより、日本軍の勢いをそぎました。また1597年、日本が再度侵略してきた時に李舜臣将軍は13隻の船で日本の133隻の戦艦と戦闘を繰り広げ、世界の戦史に残る大勝を収めました。これを鳴梁(ミョンニャン)海戦と言います。日本軍は敗色が濃くなり、豊臣秀吉の死も重なって撤退しました。

日本軍の侵略によって、仏国寺(プルグクサ)をはじめ多くの文化財が焼失しました。しかし、日本は略奪していった書籍、活字、絵を通じて先進的な学問と芸術を学び、特に朝鮮から連れ去られた陶工が陶磁器文化を発展させました。

庶民文化の発達

朝鮮後期に商工業が発達して書堂教育が普及し、庶民の生活の質が向上すると、娯楽文化も多様化されました。ハングル小説が普及し、パンソリや仮面劇など遊び文化が発達しました。特に、具体的な話を歌と歌詞でつないで伝達するパンソリは、幅広い人気を得ました。芸人が物語を増やしたり減らしたりでき、観客も合いの手を入れて一緒に楽しめ、代表的な庶民文化として発展しました。

19世紀後半、申在孝(シン・ジェヒョ)はパンソリの歌詞を創作して整理しました。現在春香歌、沈清歌、興甫歌、赤壁歌、水宮歌などが伝わり、これをパンソリ「五マダン」(五曲)と言います。仮面劇、山台ノリなど仮面劇も民衆の娯楽として人気を集めました。

山台(サンデ)ノリ

山台(サンデ)ノリ - 伝統民俗遊びで、舞踊で遊人が仮面をかぶって漫談、踊り、歌、演技をする一種の演劇です。

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ