gnb content footer

home

韓国について

歴史

朝鮮の滅亡、日帝の韓国強占独立闘争

朝鮮の滅亡、日帝の韓国強占独立闘争

朝鮮の滅亡、日帝の韓国強占独立闘争

18世紀の産業革命を経て、西欧では資本主義が発達し、巨大な企業も誕生しました。西欧諸国は、アジア、アフリカなど海外に進出して植民地を拡大しました。19世紀の中頃、清と日本を開港させた西欧列強は、朝鮮に通商を要求しましたが、朝鮮政府はこれを拒否し、1866年にはフランス、1871年にはアメリカの艦隊による攻撃を退けました。その後も圧力は止まりませんでした。1875年、日本は軍艦雲揚号を送り、江華島(カンファド)と永宗島(ヨンジョンド)を攻撃して開放を要求しました。

日本の要求、清の勧めなどで1876年、江華島で朝日修好条規を結びました。江華島条約と呼ばれるこの条約は、軍事的脅威の下、日本の権利のみを認めた不平等条約でした。

以後、日本をはじめとする帝国主義列強は、朝鮮の資源を競い合うように略奪しました。これに対抗し、朝鮮は1897年に国の名前を「大韓帝国」に変え、教育と産業を育成するなど、改革と開放を推進しましたが、力不足でした。

清、ロシアと行った戦争に勝利した日本は、韓半島と東北アジアで覇権を握りました。安重根(アン・ジュングン)義士に代表される愛国的な韓国人たちは、命をかけて日本侵略の不当性を国際社会に訴えましたが、無駄でした。

1910年8月、大韓帝国は日本の銃剣に屈して、日本帝国主義の植民地になりました。韓日関係において重要な意味があり、日本の強圧によって結ばれた不平等条約でもあります。

注目のトピックス

http://japanese.korea.net/AboutKorea/History/The-Fall-Joseon

URL コピー

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ