gnb content footer

home

韓国について

歴史

三国と複数国家の誕生

三国と複数国家の誕生

三国と複数国家の誕生

古朝鮮末期に、満州と韓半島一帯には新しい部族国家が続々と誕生しました。扶余(プヨ)は、満州吉林地域を中心に松花江一帯の平野地帯で勃興し、農耕と牧畜生活をしながら馬や毛皮などの特産物を生産しました。

1世紀初めには王の称号を使用し、中国と外交関係を結ぶなど、活発な対外関係を展開しましたが、3世紀末高句麗に編入されました。扶余では、天に祭祀を執り行い、歌と踊りを楽しみながら囚人を解放する迎鼓(ヨンゴ)というお祭り行事があり、毎年12月に開かれました。

広開土(クァンゲト)大王碑(高句麗、5世紀)

広開土(クァンゲト)大王碑(高句麗、5世紀)



扶余は地域連盟段階で滅びましたが、高句麗と百済の建国勢力は、扶余の血統であることを自任するなど、韓民族の歴史において重要な意味を持っています。『三国史記』には、扶余から南下した高朱蒙(コ・ジュモン)が紀元前37年に高句麗を建国したと記録されています。

高句麗は、白頭山(ペクトゥサン)と鴨緑江(アムノッカン)一帯で大きく繁栄し、建国初期から小国を征服しながら、鴨緑江周辺の国内城(通溝、トング)に都を移しました。

征服戦争を積極的に行いましたが、中国漢の勢力を攻略して遼東地域に支配領域を拡大し、東には韓半島の北に進出するなど、満州と韓半島の北部地域を支配領域とする大国に発展しました。咸鏡道(ハムギョンド)と江原道(カンウォンド)北部の東海岸一帯には、沃沮(オクジョ)と東濊(トンイェ)という小さな国がありましたが、辺境に偏って発展が遅れました。海の幸が豊富な沃沮は、高句麗に塩、魚などを供物として捧げました。

東濊は、毎年10月舞天という祭天イベントを開き、踊りと歌で調和して天に祭祀を執り行い、特産物としては、檀弓(弓)と果下馬(果樹の下を通ることができる小さな馬)が有名でした。この両国も、扶余と同様に高句麗に服属しました。

古朝鮮の南には、馬韓(マハン)、辰韓(チナン)、弁韓(ピョナン)などの群小国家が発展しました。京畿(キョンギ)、忠清(チュンチョン)、全羅(チョンラ)地域に分布した馬韓は54の小国からなり、合計10万戸に及ぶ国でした。

金海(キムヘ)と馬山(マサン)を中心に弁韓という国があり、大邱(テグ)と慶州(キョンジュ)を中心には辰韓がありました。それぞれ4万~5万戸に及ぶ小さな国でした。三韓では、5月の端午と10月に季節祭を開き、天に祭祀を執り行いました。この時、全国の人々が集まって日々お酒と料理、歌と踊りを楽しみました。鉄器文化の拡散と農耕技術の発展によって、満州一帯と韓半島に強力な国家が誕生し始めました。それが高句麗、百済、新羅の三国です。

tks_m01_tk_jp.gif



高句麗

三国のうち高句麗が最初に国家体制を整備し、1世紀後半から領土を広げ、2世紀後半に至っては王を中心とした中央集権化を強化しました。

舞踊塚狩猟図(高句麗、5世紀)

舞踊塚狩猟図(高句麗、5世紀) - 高句麗人のダイナミックな狩りの様子が見られます。



4世紀初頭、美川(ミチョン)王は中国漢を韓半島から追い出しました。小獣林(ソスリム)王は、372年に仏教を導入して律令を公布し、国立大学の太学を設立するなど、国の制度と統治体制を整備しました。

息子の広開土(クァンゲト)大王は、契丹(コラン)、粛慎(スクシン)、東夫余(トンブヨ)を追い出し、満州地域に領土を拡張しました。また、南に百済を攻撃して多くの城を占領し、新羅に侵入した倭寇を撃退して、韓半島南部まで領土を広げました。

百済金銅大香炉(百済、6世紀)

百済金銅大香炉(百済、6世紀) - 百済時代の工芸と美術文化、宗教と思想、製作技術までも把握できる貴重な作品です。(国立中央博物館提供)



百济

百済は、漢江(ハンガン)流域の土着勢力と扶余(プヨ)-高句麗系の流民と移民勢力が結合して、紀元前18年に建てた国です。3世紀の中頃、古爾(コイ)王の時に漢江流域を完全に掌握し、中国の先進文化を受け入れて政治体制を整備しました。4世紀半ば、近肖古(クンチョゴ)王は馬韓地域を征服し、全羅道(チョンラド)南海岸まで進出しました。北には黄海道(ファンヘド)地域を置いて高句麗と対峙し、南には伽倻(カヤ)地域に支配権を行使しました。当時百済が支配した土地は、現在の京畿道(キョンギド)、忠清道(チュンチョンド)、全羅道(チョンラド)と洛東江(ナクトンガン)中流地域、江原道(カンウォンド)、黄海道に至る広い地域でした。

土偶付壺(新羅、5世紀)

土偶付壺(新羅、5世紀)



新羅

新羅は、辰韓(チナン)の小国のひとつ斯盧国(サロクク)から出発しました。慶州(キョンジュ)地域の土着勢力と流民、そして移民集団が結合して、紀元前57年国へと成長しました。朴(パク)、石(ソク)、金(キム)氏を使う人物が交互に王位に就き、4世紀頃には洛東江(ナクトンガン)の東をほぼ占めました。奈勿(ネムル)王は、新羅を侵攻した倭を追い出すために、高句麗軍を自国内に駐留させ、高句麗を通じて中国の文物を受け入れたりしました。

伽倻の金冠

伽倻の金冠 - 慶尚北道(キョンサンブクド)高霊(コリョン)で出土したもので、立て飾りを使用して根元部分に金糸でつなぎ、突起をつけて曲がった玉がかけられるようにしたのが特徴です。



一方、洛東江下流の弁韓(ピョナン)地域では、金官伽倻(クムグァンガヤ)を盟主とする伽倻連盟が出現しました。鉄器文化を持っていた連盟は、洛東江流域一帯に影響力を及ぼしました。伽倻の小さな国々は、かつて稲作で農耕文化を花咲かせ、豊富な鉄と海上交通路を活用して、楽浪、倭と活発に交易しました。

新羅の三国統一

5世紀に高句麗、百済、新羅の3国は、強力な王中心の統治体制を整えて拡張を図りました。広開土大王の息子長寿(チャンス)王は、427年に平壌に都を移し、百済の首都漢城(ハンソン)を占領するなど、漢江(ハンガン)地域はもちろん、竹嶺(チュンニョン、現在の忠清北道(チュンチョンブクド)丹陽(タニャン)と慶尚北道(キョンサンブクド)栄州(ヨンジュ)一帯)から京畿道(キョンギド)南陽(ナミャン)面まで領域を広げました。

このような拡張によって、高句麗は満州と韓半島に広大な帝国を形成し、東北アジアの覇者として君臨するようになりました。百済は、高句麗の侵入によって漢江(ハンガン)流域を失うや、475年熊津(ウンジン、現在の公州(コンジュ))に首都を移しました。以後、国力を強化して失った領土を回復するため努力しました。東城(トンソン)王は新羅と同盟を強化し、高句麗に対抗しました。武寧(ムリョン)王は、地方統制を強化しながら中興の基盤を設けました。武寧王の息子聖(ソン)王は、首都を泗沘(サビ、現在の扶余(プヨ))に戻して体制を整備しながら、新羅と連合して漢江流域を回復しました。

新羅は、6世紀初め智証(チジュン)王が国号を新羅に変えて政治制度を整備し、首都と行政区域を整理しました。智証王は、特に512年于山国(ウサングク)を征服して領土に編入しました。于山国は、現在の鬱陵島(ウルルンド)とその付属島嶼の独島(トクト)です。法興(ポップン)王は律令頒布、公服制定、仏教公認を通じて統治体制を安定させ、金官伽倻を併合して領土を拡張するなど、中央集権国家としての体制を整備しました。真興(チヌン)王は、花郞徒を国家組織に改編して領土を大幅に拡張しました。百済から漢江(ハンガン)流域を奪い、高霊(コリョン)の大伽倻(テガヤ)を滅亡させて洛東江(ナクトンガン)流域を占有し、東海岸に沿って咸興(ハムフン)平野まで領土を広げました。

聖徳(ソンドク)大王神鐘(統一新羅、8世紀)

聖徳(ソンドク)大王神鐘(統一新羅、8世紀) - 現存する最大の鐘で、重量が18.9トンに達します。エミレの鐘とも呼ばれます。右の写真では、新羅の細工技術が垣間見られます。



中国を統一した隋 は、100万人を超える兵力を動員して高句麗を侵略しましたが、惨憺たる敗北を喫しました。

特に、高句麗の乙支文徳(ウルチムンドク)将軍は、612年薩水(サルス、現在の清川江(チョンチョンガン))で隋の兵士をほぼ全滅させ、これを薩水大捷と言います。国力が消耗した隋を618年に滅亡させた唐も、高句麗を数回侵略しましたが、失敗しました。高句麗が隋と唐の侵入を防いでいる間、百済は新羅を頻繁に攻撃しました。新羅は、高句麗と同盟を試みましたが失敗し、唐と協力して百済を侵攻しました。金庾信(キム・ユシン)が率いる新羅軍は、黄山(ファンサン)ボルで階伯(ケベク)が率いる百済決死隊を撃破して、百済の泗沘城に進出しました。一方、唐の軍隊は錦江(クムガン)河口に侵入しました。新羅と唐の挟み撃ちを受けた百済は、660年に降伏しました。

百済を滅亡させた新羅は、唐と連合して北東アジアの最強国家高句麗を攻撃しました。中国の2帝国との長い戦争のせいで国力が消耗していたため、高句麗も668年に滅亡しました。唐は、百済の故地に熊津(ウンジン)都督府、高句麗地域には安東(アンドン)都護府などを作って直接統治し、新羅の首都慶州(キョンジュ)にも鶏林(ケリム)都督府を設置し、韓半島を支配しようと画策しました。これに新羅は、唐に対抗して戦争を繰り広げ、錦江河口の伎伐浦(キボルポ)で唐の水軍を撃破し、勢力を完全に追い払い、平壌(ピョンヤン)にいた安東都護府も追い払って676年に三国を統一しました。

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ