gnb content footer

home

韓国について

歴史

民主主義国家、経済大国への発展

民主主義国家、経済大国への発展

民主主義国家、経済大国への発展

1948年5月10日、国連の監視の下韓国史上初の民主的な総選挙が韓半島南部で実施され、198人の国会議員が選出されました。彼らは、同年7月17日に憲法を制定し、7月20日、李承晩(イ・スンマン)を初代大統領、李始栄(イ・シヨン)を副大統領に選出しました。8月15日には大韓民国臨時政府の法統を受け継いだ自由民主国家、大韓民国が誕生しました。

大統領と副大統領は、日本帝国主義強制占領期間に韓国人から最も尊敬された独立闘士でした。国連は、大韓民国を韓半島唯一の合法政府として承認しました。

一方、ソ連の反対によって国連の監視の下総選挙が実施されていなかった韓半島の北には、その年の9月9日、共産主義国家、朝鮮民主主義人民共和国が誕生し、ソ連軍将校だった金日成(キム・イルソン)が首班に就任しました。

南北に自由民主国家と共産独裁国家が対立する中、大韓民国の李承晩政府は、国内の秩序の確立、日帝残滓の清算、政治思想葛藤の克服など、数多くの課題を抱えることになりました。

京釜(キョンブ)高速道路

京釜(キョンブ)高速道路 - ソウルと釜山(プサン)を結ぶ最初の高速国道で、1970年に開通しました。



1950年6月25日、ソ連製タンクと戦闘機などで武装した北韓軍が、韓半島全体を共産化するために全面南侵を敢行しました。国連安全保障理事会は、北韓の侵略を違法と見なし、アメリカ軍をはじめとする国連軍を派兵してこれを阻止しました。北韓軍(北朝鮮軍)が敗走すると、中国共産党軍が介入して両側の間の熾烈な攻防が続きました。

大韓民国の共産化を外交的な努力と官民の団結で防ぐのに決定的な役割をした李承晩大統領は、1953年7月27日に行われた休戦協定調印を極力反対し、北進を主張しましたが、その願いは叶いませんでした。

共産主義者が触発した同族間の争いの悲劇は3年間続き、韓国と北韓の両方に莫大な被害を与えました。数百万人の軍人と民間人が犠牲になり、産業施設が破壊され、韓国は世界最悪の貧困国に転落しました。

物質的には疲弊しましたが、韓国は戦争を通じて貴重な精神的資産を得ました。それは、自由の大切さでした。自由の力は青年・学生と若い兵士の愛国心を鼓吹し、韓国社会を近代化する礎となりました。

李承晩大統領が権威主義的統治を強化し、1960年の大統領・副大統領選挙で政府与党の自由党が不正選挙を恣行すると4・19革命が起き、鎮圧の過程で多くの犠牲者が発生しました。

李承晩大統領は下野し、アメリカに亡命しました。すぐに内閣責任制と二院制議会という権力構造に憲法が改正され、民主党の張勉(チャン・ミョン)政権が発足しましたが、政治的な葛藤と学生デモ等で社会が極度に不安定になりました。

1961年5月16日、朴正煕(パク・チョンヒ)少将を中心に若い将校たちがクーデターを起こし、政権を握りました。2年余りの軍政後に行われた1963年10月15日の大統領選挙で朴正煕候補が当選し、同年12月17日大統領に就任しました。

朴正煕政府は、「祖国近代化」というスローガンの下、経済開発5カ年計画を立て輸出政策で高度成長基盤を構築し「漢江(ハンガン)の奇跡」を成し遂げました。

京釜(キョンブ)高速道路建設、地下鉄建設など本格的な国土開発を進め、セマウル運動を展開して貧困農業国から産業国家へと国の姿を変貌させました。

1972年10月、維新が断行されましたが、民主化運動は続きました。1979年10月26日の大統領暗殺という悲劇的な事件が発生すると、全斗煥(チョン・ドゥファン)少将を中心とした新軍部勢力が軍事力を掌握しました。

新軍部は、5・18民主化運動のような民主化の要求を武力で鎮圧し、全斗煥を大統領に推戴して権威主義統治を行いました。全斗煥政府は、経済の安定化に焦点を当てて高騰する物価を抑え、持続的な経済成長の成果を収めました。

1987年6月29日、政府与党の盧泰愚(ノ・テウ)代表委員は、民主化と大統領直選制を骨子とする特別宣言を発表し、その年の12月16日、5年単任制任期の大統領に当選し、1988年2月25日に就任しました。

盧泰愚政府はソ連、中国、東欧共産圏の国と外交関係を樹立しました。盧泰愚大統領の在任中の1991年9月17日、南北韓が国連に同時加入しました。

1993年に発足した金泳三(キム・ヨンサム)政府は、公職者の財産登録と金融実名制などを実施し、不正腐敗の解消に努力を傾けました。

社会の透明性は一層高まりました。これと共に、地方自治制を全面的に実施し、地方分権化の基礎を開きました。

1998年に発足した金大中(キム・デジュン)政府は、通貨危機の克服に成功し、民主主義と市場経済の並行発展に努力しました。特に、南北関係では「太陽政策」を掲げ、2000年6月15日に南北首脳会談を開催し、共同声明を発効して、以降離散家族の再会、京義(キョンイ)線・東海(トンヘ)線の連結などの交流の活性化と民間統一運動の活性化、金剛山(クムガンサン)観光など南北経済協力を拡大して和解・協力体制を構築しました。

2003年に発足した盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府は、国民と一緒に民主主義を実現、共に生きる均衡発展社会の建設、平和と繁栄の東北アジア建設という3大国政目標の実現に集中しました。

2007年10月4日、第2次南北首脳会談を開いて韓米FTAを妥結し、肯定的な評価を受けています。

2008年2月に発足した李明博(イ・ミョンバク)政府は、変化と実用をもとに「先進化元年」の新発展体制を構築するための部門別5大国政指標を設定しました。

国民に仕える政府を志向し、政府組織を縮小・改編して公企業の民営化と効率化、行政の規制改革を断行しました。21世紀の創造的韓米同盟、韓半島経済共同体などを通じてグローバルコリアを志向しました。

第18代大統領朴槿恵

第18代大統領朴槿恵 - 2013年2月に就任した韓国初の女性大統領です。



朴槿恵(パク・クネ)大統領は、2012年12月19日に行われた大統領選挙で第18代大統領に当選しました。韓国史上初の女性大統領が誕生し、2013年2月25日に就任しました。朴槿恵政府は、「国民の幸せと国家の発展」という新しい時代の指標を提示しました。政府を樹立した1948年から2013年までの65年間、韓国が世界で最も貧しい国から、模範的な自由民主国家、経済大国に発展してきた過程は、人類の歴史の奇跡と呼ばれるに値します。

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ