gnb content footer

home

韓国について

歴史

南北国時代:統一新羅と渤海

南北国時代:統一新羅と渤海

南北国時代:統一新羅と渤海

三国を統一することにより、新羅の領土と人口は大きく増加し、経済的にも飛躍的な発展を遂げました。三国統一の過程で、一時戦争を行った新羅と唐は友好関係を回復し、両国の商人、僧侶、聖徳(ソンドク)大王神鐘(統一新羅、8世紀)現存する最大の鐘で、重量が18.9トンに達します。エミレの鐘とも呼ばれます。右の写真では、新羅の細工技術が垣間見られます。留学生は積極的に往来しました。貿易も活発になり、新羅は唐に金・銀細工品、高麗人蔘などを輸出し、書籍、陶器、シルク、衣服、工芸品などを輸入しました。また、シルクロードと海上を通じて西域の文物と商人が新羅に来たりもしました。

新羅の主要な港には、蔚山(ウルサン)港と党項城(タンハンソン、京畿道(キョンギド)華城(ファソン))があり、ここを通じて西域と東南アジアの物品が入って来ました。9世紀初め、新羅の将軍張保皐(チャン・ボゴ)は清海鎮(チョンヘジン、全羅南道(チョンラナムド)莞島(ワンド))という海賊掃討基地であり貿易の拠点を設置し、中国と日本との交易拠点を設けました。

高句麗が滅亡した後、高句麗流民の唐への抵抗は続きました。698年大祚栄(テ・ジョヨン)など高句麗の流民は靺鞨(マルガル)族と一緒に満州吉林省東牟山近くに渤海を建国しました。

統一新羅と渤海(8世紀)

統一新羅と渤海(8世紀)



渤海の建国により、韓半島と満州地域は南の新羅と北の渤海が対立する形勢となりました。渤海は領域を拡張し、昔の高句麗の領土をほとんど回復しました。武王の時代は北満州一帯を掌握し、文王の時代には体制を整備して755年頃に首都を上京(黒龍江省寧安県一帯)に移しました。

渤海は、高句麗を継承したという誇りを持ち、日本に送った文書にも高句麗王を意味する「高麗王」と表現しました。渤海は海東盛国(ヘドンソングク)と呼ばれるほど繁栄しましたが、白頭山(ペクトゥサン)の火山噴火という自然災害と契丹(コラン)の侵略を受け、926年に滅亡しました。

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ