gnb content footer

home

韓国について

生活

名節、祝祭日など

名節、祝祭日など

名節、祝祭日など

名節

韓国は、20世紀の初めまで農耕国家で、主に旧暦を使用しました。したがって農業の豊かさを祈願する行事が多く、このような行事が土俗信仰と旧暦を基準に楽しむ名節とお祭りに発展しました。

年の始めの旧暦1月1日にはトックク(お雑煮)を食べる風習があり、これはトッククを食べることによってひとつ歳をとるということを意味します。この日、目上の人に長寿を祈願してお辞儀をしますが、これを歳拝(セベ)と言います。歳拝を受けた年長者は、通常お年玉を渡す風習があります。

旧暦1月15日はテボルム(小正月)で、オゴッパプ (五穀飯)とナムル(野菜の和え物)を食べます。地域によって少しずつ異なりますが、地域の調和と豊作を祈る遊びを楽しみます。旧暦8月15日は秋夕(チュソク)と言います。韓国最高の名節の秋夕には、新穀と初物の果物で自然と祖先に祭祀を執り行い、離れて暮らす家族が集まります。

歳拝

歳拝 - 歳拝は、ソルラル(旧暦1月1日)にする新年の挨拶で、目下の人が目上の人にお辞儀をする風習です。


秋夕、松葉餅づくり

秋夕、松葉餅づくり - 韓国最大の名節の秋夕(旧暦8月15日)を代表する食べ物の松餅を作る家族



慶祝日

韓国の親は、赤ちゃんが生まれて百日、そして満1歳になるとお祝いをしてくれます。この時、家族はもちろん友人も参加し、子供が健康に育つように願ってパーティをし、金の指輪をプレゼントする伝統があります。

結婚もまた重要なお祭りです。20世紀以前、男女を厳しく区別する社会だった時は、親や仲人が結婚を斡旋しましたが、今では男女が自由に出会って恋愛して結婚するのが普通です。

韓国人は、生まれた年・月・日・時を四柱と呼び、これが人の運命を左右すると信じてきました。新年に占い師を訪ねてその年の運勢を見てもらい、結婚前に四柱を交換する風習は、このような信仰から生まれたものです。

伝統婚礼

伝統婚礼 - 結婚式は、新郎が花嫁の家に木でできた雁を捧げる奠雁礼(チョナンレ)、新郎新婦が互いにお辞儀をする交拝礼(キョベレ)、合歓酒(ハプファンジュ)を分かち合う合巹礼(ハプグンレ)の順で行われます。
写真は、醮礼床(チョレサン)の前で新郎新婦が互いにお辞儀をしている交拝礼の場面です。



一種の村祭りのようだった伝統婚礼は、華やかな婚礼服を着て花冠をかぶった花嫁と、紗帽冠帯といわれる官服を着た新郎が家族、親戚、近所の人から祝福されて盛大に行われました。

国慶日

韓国には5大祝祭日があります。三一節は、1919年3月1日、日本の植民統治から脱するために韓国国民全体が平和的な独立運動を行ったことを称える日です。制憲節は、1948年7月17日、大韓民国憲法が制定され、公布されたことを記念する日です。

光復節は、1945年8月15日、日本からの独立を記念する日です。開天節は、紀元前2333年10月3日、韓国初の国家が誕生したことを記念する日です。ハングルの日は、1446年10月9日ハングルを創製して頒布したことを記念する日です。 5大祝祭日は、制憲節を除きすべてお休みです。

festivals_t01_jp.gif


公休日

新年初日の1月1日は祝日です。ソルラル(旧暦1月1日)と秋夕(旧暦8月15日)は、それぞれ前後3日間が祝日になります。このほか釈迦誕生日(旧暦4月8日)、子供の日(5月5日)、顕忠日(6月6日)、クリスマス(12月25日)も祝日に指定されています。韓国公式祝祭日の数は、制憲節を除いた4大祝祭日を含め全部で15日です。

注目のトピックス

http://japanese.korea.net/AboutKorea/Korean-Life/Festivals

URL コピー

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ