gnb content footer

home

韓国について

観光

地方の観光地

地方の観光地

地方の観光地

千年の古都・慶州(キョンジュ)

慶尚北道(キョンサンブクド)慶州は、昔の新羅(紀元前57~紀元後935)の発祥の地で、千年以上にわたり都でした。新羅時代の歴史と文化をそのまま残す多くの文化財や史跡がよく保存されており、2000年にユネスコの世界遺産リストに「慶州歴史遺跡地域」として登録されました。

新羅人が描いた仏教の理想世界を形象化した仏国寺(プルグクサ)と、素晴らしい彫刻と独創的な建築で高く評価される石窟庵(ソックラム)をはじめ、東洋最古の天文施設の瞻星台(チョムソンデ)、新羅仏教文化の中心地の皇龍寺址(ファンニョンサジ)と芬皇寺(プンファンサ)など、新羅の歴史と文化の息吹が感じられる遺跡です。特に、慶州平野一帯には当時の王族と貴族の墓の巨大な古墳が多く残っています。

何層もの白樺の皮に空を飛ぶ馬を描いた絵が発見されたということで、名前が付けられた天馬塚(チョンマチョン)、新羅王朝の華やかな工芸技術が分かる金冠が出土した金冠塚(クムグァンチョン)をはじめ、いくつかの古墳が群れをなしている光景は、もうひとつの壮観をなします。

慶州南山(キョンジュナムサン)(慶尚北道(キョンサンブクド)慶州(キョンジュ))

慶州南山(キョンジュナムサン)(慶尚北道(キョンサンブクド)慶州(キョンジュ)) - 南山仏谷の石仏座像


武寧王陵(ムリョンワンヌン)(忠清南道(チュンチョンナムド)公州(コンジュ))

武寧王陵(ムリョンワンヌン)(忠清南道(チュンチョンナムド)公州(コンジュ)) - 百済第25代武寧王と王妃の陵で、中国南朝系統のレンガ墓形式を帯びています。



現存する最大の鐘「聖徳(ソンドク)大王神鐘」は、韓国の銅鐘にしか見られない独特の構造の音の響きを助けてくれる音筒と、鐘頭部から胴体、入口部分まで彫刻されている華やかな模様が特徴的です。

慶州市の南に位置する南山(ナムサン)は、都を守る要塞の役割をしていた場所で、数多くの仏教遺跡が多く残っています。新羅時代の崇山信仰、岩石信仰と関連付けられている仏教文化が南山に集中しており、南山のあちこちには、複数の仏像が見られます。

百済の都公州(コンジュ)と扶余(プヨ)

公州と扶余は、現在忠清南道(チュンチョンナムド)にある百済の古都です。公州と扶余の2都市には、百済文化の痕跡が多く残っていますが、特に公州の武寧王陵(ムリョンワンヌン)と古墳群、扶余の落花岩(ナクファアム)、宮南池(クンナムジ)などが代表的です。

公州にある百済第25代王武寧王と王妃の陵の武寧王陵をはじめ、合計7基の王陵が集まっている宋山里(ソンサンリ)古墳群は、百済時代の歴史の軌跡が感じられる場所です。

特に武寧王陵は、副葬品がほぼ完全に発掘され、遺物を通じて当時の社会生活ぶりが分かります。扶余は、百済後期123年間の都で、百済文化の全盛期を成し、周辺国に相当な影響力を及ぼすほど多くの歴史遺跡と遺物が残っています。

陵山里(ヌンサンリ)古墳群と百済滅亡の時期の事情が込められた落花岩、百済庭園の扶余宮南池は、自然景観と歴史の一場面を見るような感じを与え、魅力的な観光地として注目されています。

安東河回村(アンドンハフェマウル)と慶州良洞村(キョンジュヤンドンマウル)

河回別神(ハフェビョルシン)クッタルノリ

河回別神(ハフェビョルシン)クッタルノリ - 慶尚北道(キョンサンブクド)安東(アンドン)市豊川(プンチョン)面河回村(ハフェマウル)に伝承されている仮面劇で、支配層への風刺を込めた代表的な仮面劇です。


慶州良洞村(キョンジュヤンドンマウル)

慶州良洞村(キョンジュヤンドンマウル) - 500年以上の間伝統を受け継いでいる代表的な民俗村です。


船遊列火遊び

船遊列火遊び - 安東河回村の洛東江辺万松亭(マンソンジョン)から芙蓉台(プヨンデ)頂上まで230mに4組の縄をつなげた後、桑の根の炭粉を入れた束を吊り下げ燃やす遊びです。



2010年、慶尚北道安東の河回村と慶州の良洞村は、「韓国の歴史村」という名前でユネスコ世界遺産に登録されました。両地域は、すべて朝鮮時代の上流階級を指す両班が集まって住んでいた村かつ代表的な氏族村で、朝鮮時代の支配層特有の伝統生活空間と景観を現在まで維持している文化村です。

共通して、韓国の代表的な村の立地タイプである背山臨水の形をしており、住宅の機能をもつ宗家と住宅、休憩所になった精舎とあずまや、教育が行われていた書院と書堂、そして周辺の農地や自然景観まで揃っています。

安東河回村は、17世紀から豊山柳(プンサンユ)氏が家屋や書院を建て、代々暮らしてきた集成村で、現在瓦とわらぶきを含む450軒の家屋が保存されています。

洛東江(ナクトンガン)の水路が村全体を包み込むように流れ、川の周辺には鬱蒼とした松の森があり、この風景が壮観です。村の安寧と豊作を祈る別神グッ行事の中でも仮面劇公演の「河回別神(ハフェビョルシン)クッタルノリ」と、洛東江辺で楽しんでいた民俗遊び「船遊列火遊び」も伝えられています。

慶州(キョンジュ)から兄山江(ヒョンサンガン)沿いの16km北東部に位置した慶州良洞村(ヤンドンマウル)は、朝鮮時代500年以上の歴史を持つ伝統文化村です。

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ