gnb content footer

home

韓国について

歴史

独立闘争

独立闘争

独立闘争

大韓民国臨時政府の要人たち

大韓民国臨時政府の要人たち - 3・1運動直後の1919年4月に中国上海で組織され、光復まで独立運動の中枢 的役割を果たした大韓民国臨時政府の要人たち



日帝は、植民地統治をしながら朝鮮の資源を奪い、個有の言語と文字、名前まで変更するよう強要しただけでなく、韓国人を帝国主義戦争の労働力と軍事力として強制動員しました。こうした中、韓国人は国内外で国権回復のための熾烈な闘争を続けました。国内では、独立義軍部、朝鮮国権回復団、大韓光復会など多くの抗日結社を組織して対抗し、中国・ロシア・アメリカなどでは、独立運動の拠点を設けました。また、世界に類例のない平和的な独立デモを行いました。

1919年3月1日に独立宣言書を発表し、全国で学生と市民が万歳デモを行った3・1運動がそれです。この運動は、満州、沿海州、アメリカ、日本、ヨーロッパまで広がりました。

3・1運動後、ソウルに漢城(ハンソン)政府、沿海州の大韓国民議会、上海に大韓民国臨時政府が樹立されました。特に、臨時政府は近代的憲法を備え、三権分立体制を備えた韓国初の民主共和制政府でした。これと共に本格的な武装独立戦争が展開され、1920年代に30あまりの独立軍部隊が満州と沿海州一帯で活動しました。

1920年6月、洪範図(ホン・ボムド)が率いる大韓独立軍が中国吉林省で日本軍を大敗させた鳳梧洞(ポンオドン)戦闘、1920年10月、金佐鎮(キム・ジャジン)が率いる北路軍政署と複数の連合部隊が満州和龍県で日本軍を壊滅させた青山里(チョンサンリ)戦闘などが代表的な独立戦争です。一方、大韓民国臨時政府は満州地域の独立軍と分散していた武装闘争組織を集め、1940年に重慶で韓国光復軍を組織しました。臨時政府は日本に宣戦布告をした後、連合軍と共同でインドとミャンマー戦線に参戦しました。アメリカと協力して特殊軍事訓練を受けた韓国青年要員が、国内進攻作戦を準備したりもしました。

1945年8月15日、韓国人が粘り強く独立闘争を行い、第2次世界大戦で連合軍の勝利に力づけられ、韓民族は光復を迎えました。しかし、韓半島は日本軍の武装解除のために米軍とソ連軍が38度線を境に韓半島の南と北に駐留することにより、南北に分断されました。

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ