gnb content footer

文化

米メディア、オスカーの新基準は「パラサイト」

oscar2020_bong

第92回アカデミー賞授賞式で監督賞を受けてコメントする奉俊昊監督=9日、米ロサンゼルス、聯合ニュース


[イ・ハナ、イ・ギョンミ]


「歴史を塗り替えた『パラサイト 半地下の家族』以後、(全世界の)どの国の作品でも作品賞を受賞できるようになった」


米ニューヨークタイムズ紙は10日、1面トップに「パラサイトの受賞がオスカーで歴史を作った」と題した記事を掲載し、奉俊昊(ポン・ジュノ)監督のアカデミー賞4冠が、アカデミー賞における新たな基準になると強調した。

奉監督の受賞は速報で伝えられ、これに関するたくさんのニュースがメインページに載せられた。


ロサンゼルス・タイムズ紙も「奉俊昊がオスカーの歴史を塗り替えた」とし、「これまで、評論家の間で称賛されてきたが、興味深く予測不可能な内容で、貧富の格差を描いたパラサイトという映画は、多くのファンから尊敬され愛された」と伝えた。

ハリウッドの映画専門誌も同じ反応だった。


エンターテインメント情報を扱う週刊誌のハリウッド・リポーターは、今年のアカデミー賞授賞式で最も記憶に残る15の瞬間のうち、「パラサイト」の4冠達成と奉監督のコメントを挙げ、「今年の勝者は、断固として奉俊昊」と定義した。



第92回アカデミー賞授賞式で、脚本賞授賞者として呼ばれた後、ノア・バームバック監督とハグする奉俊昊監督=9日、米ロサンゼルス、A.M.P.A.S



ニューヨークポストは、奉監督を「聖人」と表現した。10日付の「奉俊昊は聖人だった」と題した記事で、彼が受賞した後にマーティン・スコセッシ監督に尊敬を表したことに触れ、「共に候補になった同僚に感謝の意を伝えることは珍しくないが、負けた者ですら喜びの涙を流すような、そんな勝者が今までいただろうか」とし、「それが奉監督だ」と絶賛した。


CNNは10日、「オスカーを征服したパラサイト」というタイトルの記事で、「アカデミー賞授賞式で『パラサイト』が最優秀作品賞を受賞したのは、国際映画界でも意味のある成果である」と評価した。

hlee10@korea.kr

注目のトピックス

http://japanese.korea.net/NewsFocus/Culture/view?articleId=182268

URL コピー

リスト

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ