gnb content footer

home

韓国について

生活

韓服

韓服

韓服

四季がはっきりとし、国土の三方を海に囲まれ、平地よりも山が多い自然環境の下で暮らしてきた韓国人は、優れた独創的な衣食住文化を発展させました。

韓服を着た家族

韓服を着た家族



韓服

寒い冬と暑い夏を過ごすために、韓国人は麻、からむし、木綿、絹など様々な衣服の材料を開発し、独自の服を作って着ました。冬には絹や木綿に綿を入れて縫った服、夏には麻とからむしで作った服が代表的な例です。落ち着いた雰囲気に美しい線が強調されたこのような服を韓服と言い、このような伝統は数千年続いてきました。

一般的に、韓国人はカラフルで様々な模様が入った服よりも白い服を好んで着て、白を崇敬してきたため「白衣民族」、または平和を愛する民族と言われてきました。しかし、時代と身分によってはカラフルでデザインが洗練された韓服も着用しました。

最近では、韓国的な模様を現代的な感覚で表現するデザイナーが国際的な名声を得ており、韓流ブームに乗ってドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』をはじめとした韓国の時代劇が世界に広く紹介され、韓服の美しさへの賛辞と共に、韓服を着こなす外国人も増えてきています。また、韓国では名節や宴会の日などの特別な時に韓服を着ます。普段改良韓服を着る人もいますが、大多数の韓国人は西欧的で現代的な感覚に合った服を着ます。これは、ファッション感覚に優れた韓国人の創造的本能が時代に合わせて変わってきたものと考えられます。

PSYのヒット曲『江南(カンナム)スタイル』で有名になったソウルの江南区は、富裕層が多く暮らすエリアで、芸術とファッションなど韓国のラグジュアリーカルチャーの中心地です。また、ファッション特区に指定され、毎年若手デザイナーコンテスト、国際的なファッションデザイナーのファッションショーなどのファッションフェスティバルが開かれます。江南区が高級ファッションの中心地なら、ソウルの東大門(トンデムン)区は若く庶民的なモダンファッションの中心地だと言えます。若いデザイナーを中心に生産施設、流通・販売施設が完備された東大門は、モダンファッションの集散地として脚光を浴びており、外国人の必須観光・ショッピングコースとなっています。

注目のトピックス

http://japanese.korea.net/AboutKorea/Korean-Life/Clothing

URL コピー

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ