gnb content footer

home

韓国について

歴史

高麗時代

高麗時代

高麗時代

8世紀後半、新羅は中央貴族の間の権力争奪戦によって衰弱しました。地方統制力が弱まると、10世紀には、甄萱(キョン・フォン)と弓裔(クンイェ)に代表される地方勢力が、独自の政権を立てました。 892年、甄萱は完山州(ワンサンジュ)を都に全羅道(チョンラド)と忠清道(チュンチョンド)地域を支配する後百済を建国しました。

青磁象嵌雲鶴文梅甁(高麗、12世紀)

青磁象嵌雲鶴文梅甁(高麗、12世紀) - 翡翠色の青磁は高麗時代を代表し、造る過程で表面に溝を掘り、白黒の土で埋めて行く方法で模様を表しました。このような象嵌技法は、世界でも独創的な技術に属します。



901年には、新羅王族出身の弓裔が江原道(カンウォンド)と京畿道(キョンギド)一帯を掌握して松岳(ソンアク、現在の開城(ケソン))に後高句麗を建国しました。彼は、領土を拡張して国家基盤を整備した後、首都を鉄原(チョロン)に移し国の名前も泰封(テボン)に変えました。

地方の豪族勢力を統制して王権を強化する過程で民心を失った弓裔は、918年松岳の豪族王建(ワンゴン)に追い出されました。王建は、国の名前を高句麗を継承するという意味で高麗とし、首都を松岳に移しました。

高麗は、後百済を攻撃する一方、新羅には積極的な包容政策を展開しました。935年、統一新羅は高麗に降伏して戦争せずに吸収されました。後百済では、支配層の内紛が起きて甄萱が王建に投降し、王健は936年に後百済を攻撃して滅亡させることで、後三国を統一しました。

高麗は、儒学を政治理念として受け入れ、国子監と郷校などを立てて質の高い教育を実施しました。仏教も繁栄し、社会全般に大きな影響力を及ぼしました。土俗信仰と融合された燃灯会、八関会も開き、高麗は宗教における包容性を見せました。

高麗は、中国の宋をはじめ、複数の国とも活発に交流しました。首都開城(ケソン)に入る関門の碧瀾渡(ピョンナンド)では宋、西域とアラビア、東南アジア、日本の商人が頻繁に出入りしました。宋の商人は絹や薬材、高麗の商人は麻や高麗人蔘などを売りました。アラブ地域では象牙、水晶、琥珀などの宝石が入ってきました。韓国は英語で「コリア」と発音しますが、この名称はこの「高麗(コリョ)」から由来しています。高麗時代は、きらびやかな文化を誇ります。翡翠色の磁器の表面を掘って模様を入れた「象嵌」技法の象嵌青磁は、世界のどこにもない独創的な芸術品です。

8万1,258枚の木板に仏教の経典を彫刻し、紙に印刷した八万大蔵経は、この時代の仏教文化の精髄であり、世界木版印刷の最高峰です。また、世界初の金属活字も高麗人が発明しました。韓国の歴史記録によると、高麗が金属印刷技術を発明した時期は、西洋よりも200年以上前のことです。現存する印刷物には、1377年に出版された「直指」という本があります。1455年に印刷された西洋初の金属活字印刷本よりも78年も前に出版されたこの本は、フランス国立図書館に所蔵されており、2001年世界記録遺産に登録されました。

高麗(11世紀)

高麗(11世紀)



モンゴルとの戦争

金属活字印刷版「直指」

金属活字印刷版「直指」



13世紀初め、中国大陸の情勢は急変しました。遊牧民のモンゴル族が統一国家を成し、中国金を滅亡させ、韓半島に勢力を拡大しました。モンゴルは、1231年の第一次侵入以来7回も高麗を侵略しました。高麗は、首都を江華島(カンファド)に移し兵士はもちろん民や奴婢など一般民衆まで力を合わせて、モンゴル軍と壮絶な戦いを繰り広げました。

1259年、両国間に講和が行われ、元は高麗王国の存続保証とモンゴル軍の即時撤退など高麗側の6つの要求をすべて受け入れました。これは、高麗を直轄統治しようとしたモンゴルに粘り強く抗戦した結果でした。講和は成立しましたが、モンゴルに抗争していた軍隊である三別抄(サムビョルチョ)は皇帝を擁立し、珍島(チンド)を拠点に韓半島南部を支配して戦争を続け、珍島が陥落すると済州島(チェジュド)に移って1273年まで抵抗しました。なんと42年間、当時世界最強の帝国だったモンゴルの軍隊と戦った高麗の抵抗は、強靭な闘争精神の表象でした。しかし、この過程で国土は荒廃し、民生は疲弊して、皇龍寺(ファンリョンサ)9層塔をはじめとする数多くの文化遺産がモンゴル軍によって破壊されました。

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ