gnb content footer

home

韓国について

歴史

歴史の胎動(先史時代~古朝鮮)

歴史の胎動(先史時代~古朝鮮)

歴史の胎動(先史時代~古朝鮮)

韓国の歴史は、満州と韓半島地域から始まりました。この地域に人が住み始めた時期は、70万年前に遡ります。動物の骨や角で作った道具と打製石器を使用していた旧石器時代の人々の代表的な遺跡には、平安南道(ピョンアンナムド)祥原(サンウォン)コムンモル洞窟、京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)郡全谷(チョンゴク)里、忠清南道(チュンチョンナムド)公州(コンジュ)石壮(ソクジャン)里、忠清北道(チュンチョンブクド)清原(チョンウォン)郡トゥル峰洞窟などがあります。旧石器時代の人々は、群れをなして狩りをしたり採集して生活しました。

韓国の新石器時代は、紀元前8000年前に始まりました。農耕が始まり、粟などの雑穀類を育て、徐々に定着生活をするようになり、氏族社会を成しました。彼らは、石を砕いて様々な磨製石器を作り使用しました。新石器時代の代表的な土器は、櫛目文土器でした。この土器は、韓半島全域で発見されており、ソウル岩寺(アムサ)洞、平壌(ピョンヤン)南京(ナムギョン)、金海(キムヘ)水佳(スガ)里などが代表的な遺跡です。

握斧

握斧
京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)郡全谷(チョンゴク)里で発見された旧石器時代の多機能道具



韓半島には紀元前10世紀頃、満州地域には紀元前15世紀頃に青銅器時代が始まりました。青銅器時代の遺跡は、中国の遼寧省、吉林省一帯と韓半島全域にまんべんなく分布しています。青銅器文化の発展とともに族長が支配する社会が出現し、強い族長が周辺の複数の部族を統合して国家に発展する段階に入りました。

一番最初に登場した国家の古朝鮮を建てた中心勢力は、神を信じる部族とクマを崇敬する部族でした。2つの部族が連合して檀君王倹(タングンワンゴム)を推戴し、檀君王倹は祭司と政治指導者を兼任しました。古朝鮮は、中国の遼寧地域と大同江流域を中心に独自の文化を成し遂げ、紀元前3世紀には否王、準王などの強力な王が世襲しました。王の下には上、大夫、将軍など統治システムを備えました。

梳纹陶器

櫛目文土器
新石器時代の代表的な遺 跡、ソウル岩寺(アムサ)洞 で出土した尖底土器 ( 国立中央博物館提供)



紀元前3世紀末、中国は秦と漢が交替する激変の時期を迎えました。この時、多くの流民と移民が古朝鮮に南下し、彼らの指導者衛満(ウィマン)が紀元前194年王位に就き、古朝鮮は拡大しました。この時鉄器文化を受け入れ、農業と手工業が発達し、軍事力も強化しました。また、中国と近い地理的利点を活用して、韓半島勢力と中国の交易を仲介しながら利益を独占しようとしました。これは古朝鮮と中国漢との対立を激化させ、漢は大規模な水軍と陸軍を動員して古朝鮮を侵略しました。戦争初期、古朝鮮は大勝を収め頑なに抵抗しましたが、1年間の戦争の末、首都王検城が陥落し、紀元前108年に滅亡しました。

支石墓(Dolmen)

ピラミッド、万里の長城、ストーンヘンジなどのような古代の遺跡を、世界の七不思議と言います。しかし、その中に含まれていませんが、世界の七不思議のひとつに数えられるほどの遺跡が韓半島に存在します。それが支石墓で、その理由は3つ挙げられます。

まず、世界全体の支石墓のほぼ半分に相当する3万6,000余基が、韓半島に存在する理由を誰も知らないということ。2つ目に、韓国の支石墓から人の骨、石器、ヒスイ、青銅製品など様々な遺物が出土されましたが、遺物がないことも多くあります。支石墓は一体いつ、誰が、なぜ作ったのか、そして彼らはどのような生活をしていたのかが分かっていないということ。

3つ目に、巨大な石をどこでどのようにして運搬したのか、支石墓を築造した当時の技術は何だったのか、推測するだけでまだ解明されていないということが挙げられます。

江華(カンファ)富近(プグン)里の卓上式支石墓

江華(カンファ)富近(プグン)里の卓上式支石墓



韓国の支石墓は、分布地域によって漢江(ハンガン)の北地域の北方式と、南地域の南方式に江華(カンファ)富近(プグン) 分かれ、北方式を卓上式、南方式を基盤式に区分しました。

しかし、北側でも基盤式支石墓が、南側でも卓上式支石墓が多数発見され、現在は卓上式と基盤式に区分します。2つの形式の他に、学者によって複数の他の形式を提示することもあります。支石墓をよく墓と言いますが、断定するのは難しく、12世紀高麗の碩学、李奎報(イ・ギュボ)は支石墓を観賞し、自身の本に次のような記録を残しました。「人々は、支石墓を昔の聖人が留まった場所だと言うが、いかにも不思議な技術だ。」

琵琶形銅剣と細型銅剣(古朝鮮)

琵琶形銅剣と細型銅剣(古朝鮮) - 青銅器時代の代表遺物で、武器または儀式用のシンボルです。楽器の琵琶に似た形(左)と、刃がよりすらっとした直線状(右)をしています。(国立中央博物館提供)



「20世紀の初め、アメリカ人宣教師のホレイス・アンダーウッドは、支石墓は墓とは関係なく、土地の神に執り行う祭祀用に作られたものと推定し、韓国民俗学者の孫晋泰(ソン・ジンテ)も、韓国の伝説に登場する巨人のマゴハルモニ(鬼婆)が住んでいた家が支石墓だという民話を紹介し、祭壇だと主張しました。

支石墓は、満州地域を除く中国や日本ではほとんど見られません。しかし、韓半島には全国あちこちに分布し、数千年の間、過酷な雨風にもびくともせずに、韓国人と生活を共にし、紀元前のいつ頃かに築造が途切れました。

したがって、韓半島に支石墓が密集した理由、韓国の支石墓がヨーロッパ各国とインドのものとどのような関係があるのかなどについて、まだ解決すべき課題が多く残っています。ユネスコが2000年に江華(カンファ)、和順(ファスン)、高敞(コチャン)地域の支石墓を世界遺産に登録した事実は、韓国の支石墓の人類文化史的な重要性について、世界の関心が高まっていることを示しています。

注目のトピックス

http://japanese.korea.net/AboutKorea/History/The-Beginnings-of-the-Countrys-History

URL コピー

関係部署 海外広報コンテンツチーム,  お問い合わせ